子供 歯磨き 嫌がる

子供が歯磨きを嫌がる原因と対処方法

子供 歯磨き 嫌がる
子供が歯磨きを嫌がって困っている・・・そんなママは多いのではないでしょうか。

  • 歯ブラシを口に入れるのを嫌がる
  • 仕上げ磨きを断固拒否
  • 歯磨きしよう!と言ったら全力で嫌がる
  • 歯磨きのたびに怒る、泣き叫ぶ
  • 歯磨きだけでなく、うがいも嫌がる

よく「虫歯は親の責任」と言いますが、正直、子供にここまで嫌がられると、もう歯磨きどころではない!となってしまいがちです。

 

・・・しかし、やはり乳幼児期から歯磨きの習慣をしっかりと身につけさせることは、やはり親の義務なのです。

 

小さいうちに歯磨きを習慣付けられないと、大きくなってからも歯磨きをしなくなってしまいます

 

原因と対処方法を知って「歯磨き好き」に!

 

子供 歯磨き 嫌がる
実は、子供が歯磨きを嫌がるのには、いくつかの原因があります。

 

そのため、まずは子供が歯磨きを嫌がっている理由は何なのか?を探し、その原因ごとに対処していけば、子供の歯磨き嫌いは克服できるのです。

 

ここでは、そんな子供が歯磨きを嫌がる原因と、原因ごとの対処方法を解説します。

 

子供の歯磨き嫌いを克服し、笑顔でブラッシングしてくれる毎日を目指しましょう!

子供が歯磨きを嫌がる5つの原因と対処方法

そもそも、子供が歯磨きを嫌がる原因はどこにあるのでしょうか?

 

5つの原因ごとに対処方法を解説していきますので、ぜひ「自分の子供はどのタイプになるのか?」を考えながら読んでみてくださいね。

 

子供が歯磨きを嫌がる原因5つ

子供 歯磨き 嫌がる

@ブラッシングが痛い、柄が口に当たるのが嫌

歯磨きの際、当然ブラッシングが痛いと「歯磨き=痛いもの」と思ってしまい、歯磨きを嫌がる原因になります。

 

また、歯ブラシの柄が口に当たるのが痛い場合や、柄が口に当たる違和感を嫌う子供も多いものです。

 

対処方法

まずは、歯ブラシ選びを見直しましょう。

 

歯ブラシは、

  1. 毛先が柔らかいもの
  2. ブラシを面で当てられるフラットな形状のもの
  3. ヘッドが小さめで違和感を与えにくいもの

を選ぶと良いでしょう。

 

加えて、柄の素材をプラスチック←→ゴムと変えてみるのも、柄の違和感を嫌っている子供に有効です。

 

また、ブラッシングが強くなりすぎないように、軽く握っても手がすべらない柄の形状のものを選びましょう。

 

そして、実際のブラッシングの際は、柄はグーで握るのではなくペンを握るような持ち方で、強くこするよりも細かく動かすことを意識したブラッシングを心がけましょう。

 

更に、軽い力でブラッシングをしてもしっかりと汚れを落とせるこちらの歯磨き粉の使用もおすすめです。

 

A歯磨き粉の味が嫌い

歯磨き粉の味を嫌がる子供も多いものです。

 

特に、食べ物に好き嫌いが多い子供には、歯磨き粉の味を嫌っている場合も多いです。

 

また、単純な味だけではなく、泡立ちが良すぎてブクブクになるのが嫌と言う場合もあります。

 

対処方法

イチゴ味やブドウ味など、様々な味の歯磨き粉を試してみましょう。

 

また、歯磨き粉の泡立ちが良すぎると感じたら、あまり泡立たないものに変えてみても良いでしょう。

 

特に、乳幼児期から安心して使えるこちらの歯磨き粉がおすすめです。

 

B時間がかかりすぎる

しっかりと隅々まで磨きたい!とにかく虫歯にならないようにキチンと磨かないと!という気持ちから、仕上げ磨きに時間が掛かりすぎている場合があります。

 

しかし、子供はジッとしておくのが苦手な場合が多く、歯磨きが長時間になると耐えられなくなってしまうことがあります。

 

対処方法

もちろん、丁寧な仕上げ磨きは大事ですが、素早く磨いて子供の気を逸らさないことも重要です。

 

また、子供が好きなアンパンマンやディズニーキャラクターの歯ブラシに変えることで、多少ブラッシングの時間が長くなっても我慢できるようになることもあります。

 

更に、歯磨きの歌や映像を見聞きさせながら、とにかく飽きさせない楽しい歯磨きを心がけるのも良いでしょう。

 

Cママが怖い

一生懸命磨こうとするあまり、ついついママの表情は真剣になってしまいます。

 

また、子供がちょっと動いただけでも「ジッとして!」と声色を強くしてしまいがちです。

 

そうすると、歯磨きはママが怖いから嫌!となってしまうことがあります。

 

対処方法

歯磨きは、親子のスキンシップが取れる時間でもあります。

 

まずは、歯磨きは楽しい時間という意識を持ってもらうために、丁寧さよりも楽しくコミュニケーションを取る気持ちを持つことも大事です。

 

なかなか難しいものですが、笑顔を心がけて、子供とのふれあいを楽しみながら行いましょう。

 

また、ある程度自分で磨ける年齢になってきたら、自分も一緒に磨いて真似をさせるのも効果的です。

 

D眠い

子供は眠たいともの凄く不機嫌になりますよね。

 

そんなときに歯磨きをさせられれば・・・子供が全力で嫌がったり、泣き叫んだりするのも当然です。

 

対処方法

対処方法はずばり、子供が眠たいときに歯磨きをしないことです。

 

でも、食後に眠たくなるのは、大人も子供も一緒。

 

そのため、歯磨きタイムと眠たくてぐずる時間が重なりがちになります。

 

しかし、朝食後なら、そんなにすぐには眠くならないはずです。

 

まずは、しっかりと歯磨きをするのは1日1回でも構わないので、歯磨きの習慣をつけることが大事です。

 

昼夜の歯磨きは簡単に済ませ、朝の歯磨きをしっかり丁寧に行いましょう。

歯磨きを嫌がる子供におすすめ!ブリアン歯磨き粉

子供 歯磨き 嫌がる
前述のとおり、子供が歯磨きを嫌がる原因は、

  • ブラッシングが痛い
  • 歯磨き粉の味が嫌い
  • 歯磨き粉が泡立つのが嫌
  • 歯磨きに時間がかかりすぎる

と言った点にありました。

 

しかし、そんな悩みをすべて解決できるのが、今回ご紹介するブリアンです。

 

ブリアンの特徴

ブリアンの特徴は、

  • 子供が喜ぶ美味しいいちご味
  • 粉状だからブクブクし過ぎない
  • 善玉菌の力で磨くから強いブラッシング不要
  • 飲み込んでもOK!無添加ですすぎ要らず

と、子供が歯磨きを嫌がる原因の多くを取り除くことができます。

 

しかも、ブリアンの洗浄剤は善玉菌「BLIS M18」なので、歯磨きと同様に難しい歯磨き後のすすぎも不要です。

 

また、ブリアンの開発者はあのキシリトールを日本に持ち込んだ第一人者、歯科医師の斉藤鉄也先生なので、虫歯予防効果への信頼性も抜群です。

 

186